大阪の中心でアクセスが便利な船場センタービルの事務所、飲食店舗、物販店舗の空き物件情報は 株式会社大阪市開発公社へ.

船場センタービルは、大阪万国博覧会開催を前に、過密化した都心の再開発と道路・地下鉄網の整備をかねて大阪市が企画し、当社が建設を行い昭和45年3月に完成し平成27年3月には45周年を迎えることが出来ました。このビルは、船場の中心部に地下2~4階建てのビル10棟が東西約1kmにわたり横に連なる巨大な区分所有ビルで、屋上には市道・築港深江線と阪神高速道 路・大阪東大阪線あわせて12車線の高架道路が走り、地下には3路線の地下鉄が交差しています。

Read More

当社は1~3号館および10号館を中心に、飲食店舗・物販店舗・事務所あわせて、約2万9千平方メートルの賃貸面積を所有し、約200のテナントがユニークな物販店街や飲食店街を構成しています。1~3号館は地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町駅( 船場東駅)」と直結し、1階では物販店街を構成、地下1階には舶来品輸入卸店が入居し、それぞれ豊富な商品を揃えています。また、地下2 階には約50店舗の飲食店街があり、連日大勢の人で賑わっています。10号館は、御堂筋に面し1 階は物販店街を、地下1~2階は飲食店街を構成しており、地下鉄御堂筋線・中央線「本町駅(船場西駅)」と直結しています。

Read More

大阪市内における交通環境改善の一助として、昭和62年11月に開設した船場パー キングは、機能性に優れ、また街の憩いの場となる喫茶店や植栽を備えた駐車場です。平成20年度には、来場者への良好な駐車環境の提供を目指し、床・内壁・外壁を塗装するとともに、一台当りの駐車スペースを拡張するなど全面的な改修工事を行いました。同時に自動料金精算機を導入し駐車料金精算事務の無人化による対応で営業しています。平成23年度には地球温暖化対策などによる省エネ効果を求められているなか、場内車路、駐車スペースなどの蛍光灯をLED蛍光灯に切り替え、CO2や消費電力の削減に 取り組んでいます。

Read More

船場センタービルは「建物の区分所有等に関する法律」に基づいてビル規約 が制定され、管理運営が行われています。
当社はビル管理団体である船場センタービル区分所有者会( 約500者)から管理者として選任され、管理者業務を行っています。

Read More

{google_map}